会社概要

代表挨拶

取締役社長 杉浦 博

弊社は、昭和29年4月1日、自動車部品製造を従業員数十名でスタートしてから63年を迎えます。
現在はトヨタ紡織株式会社から主力部品「シート骨格」を受注し、「安全第一」「品質安定」「納期厳守」を目標としながら中堅企業へと成長致しました。
自動車業界に於きましても国内生産体制の再編成・構造改革という波が押し寄せている中、弊社といたしましては部品の高度化、新たな溶接技術への対応が迫られております。

この様な時代にこそ創業時から引き継いだ社是「協力」のもと、従業員一丸となり英知を結集し新たな課題に立ち向かっていかなければなりません。
今後とも創業時の想いを忘れることなくお客様、地域の皆様に愛される企業を目指し日々未来へ向かってチャレンジしてまいります。

今後ともご支援、ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

取締役社長 杉浦 博

会社概要

商 号 ナルコ株式会社
代表者 代表取締役 杉浦 博
創 業 1954年(昭和29年)4月
資本金 60百万円
所在地
本社・猿投工場
愛知県豊田市亀首町金山裏18番地
TEL:0565-45-0515 FAX:0565-44-1251

月見工場
愛知県豊田市月見町3丁目3番地6
主要取引銀行 岡崎信用金庫
東京三菱UFJ銀行
主要取引先 トヨタ紡織株式会社
従業員数 237名(17年3月期)
売上高 8,340百万円(17年3月期)

沿革

昭和29年 愛知県愛知郡鳴海町(現名古屋市)に荒川鈑金工業株式会社(旧アラコ)の協力会社として鳴海鈑金工業株式会社設立。
自動車車体(BJ型トヨタジープ)の板金部品を製造
昭和42年 愛知県豊田市亀首町(現本社)に猿投工場を新築しトヨタランドクルーザー・コースターの鈑金部品の生産開始
平成3年 エスティマ ドアトリムの生産開始
平成12年 名古屋工場を閉鎖し猿投工場に統合。本社を猿投工場に移す
平成14年 産業車両(フォークリフト等)シートフレームの生産開始
平成15年 株式会社陣中工業所と合併し、ナルコ株式会社と社名を改める
平成16年 ISO9001認証取得
平成17年 ISO14001認証取得
平成19年 トヨタランドクルーザー200の2列目、3列目のシートフレーム生産開始
平成25年 プリウス、プリウスα・他4車種のフロントシートサブ骨格生産開始

事業内容